読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Solitaire

sol-i-taire 1. A game played by one person 2. A precious stone 国際結婚する人と遠距離恋愛と留学生と海外YouTuberを応援してるブログ

自分だったら動画で自分の英語晒せるか考えてみた

スポンサーリンク

カリスマブラザーズがpdrさんにぼろっくそに言われた件はどちらのYouTuberも好きな私にとって中々衝撃的でした。

  

今日はタイトル通り、私だったら自分の英語を動画で晒せるか考えてみました。

YouTuberであるカリスマブラザーズのように顔出しして、発音とかも見られまくる動画で、何言うか考えてるところとかも編集できるとはいえバッチリ映るんでしょ。

 

 

 

 

 無理。

 

 

全力で断ります。

授業の用意をするように準備していいんだったらやるかも。

だけど普段の会話の撮影は無理。めっちゃ勇気いる。

 

ホントのところ英語喋ってる歴は数年といっても未だに英語を学んでいるのが現状。

会話はできるよ。できるけど間違えはしますよ。

 

この間、I like his wittinessって言おうとしたら

I like his witnessって言ったんですよ。

自分で「ん?」ってなって「私今、witnessって言った?」と夫に聞いてみたら「うん」と半笑いでした。

こういう地味によく分からない間違いしょっちゅうします。

英語を何年も学んでてもネイティブのようには喋れない。発音もネイティブのようにはなれない。

だけど日本に居ると「すげー!」って言われる。。

 

留学中二病というものがあるらしい 

以前こんなことを書きました。

アメリカで苦労してようが何だろうが、日本にいると私はバイリンガルですげえと言われます。 まじそれこそホントに自分すごいのかも!って日本にいると勘違いしそうになるレベルで。実際そういう人いるし。

カリスマPDRさんがカリスマブラザーズの英語訂正しまくってる…!! - Solitaire

このことに「言ってしまえば留学中二病」とコメントしてくれた方がいました。


それなごめん私もそんな時代あった

 

私も留学前とか「英語できる人すげー!」みたいなノリで、自分が留学してみたら最初ホントに英語が分からなくて、その分からなさは絶望級で

でも1年とか1年半たってみると留学当初は会話にならなかったような人と会話している自分に気付いたりして。

そうやって自分がなりたかった姿に近付いていくって本当に気持ちよかった。

 

「英語を喋る自分」なんて自分が一番想像できなかったのにそれが叶ってることだけで嬉しかった。

相手の言ってることが分かる、相手も自分の言ってることが分かる。

こんな当たり前のことがアメリカに留学した直後はできないから。

 

だから最初の1年の絶望感を乗り越えてそれなりに会話できるようになった頃って自分も誇らしい。

単純にできなかったことができるようになるっていい気分だったから。

 

そして「私すごい!喋ってるよ!」と思いながら英語を喋ってる留学1年半後〜2年目は一番英語力が伸びた。気持ちはやっぱり大事だと思う。あと、楽しそうに喋ってる人間には人が寄ってくるからより英語喋る機会も増える。

 

そんな頃の慢心は留学1年〜2年目の英語力の向上を助けたと思う。

 

ちなみに留学中二病は留学生同士では気付かないです。日本に帰ったときのみ発症するものです。治療法は大人になること。

 

ていうかこの騒動に気を取られているうちにこんな動画が出ていました。

Junさん、英語うまっ!!

www.youtube.com

思慮深い人なんだろうなあと思ってみてました。留学なしで綺麗な英語を喋るJunさんのアドバイスはすごくタメになる動画だと思います。

彼が動画内で言っている「自分の英語を録音して聞く」は私も発音矯正のためにやりました。

Ellie

f:id:EllieK:20161109041237j:plain

録音してみると嫌でも分かる自分の発音

solitaireguru.hatenablog.com